思考整理

こんにちは! 僕の考えが、あなたの感情を少しだけ揺らすことができればいいなと思います!

上着は暑いなと感じる前に脱ごう

5月に入り、だんだんと暖かい日が増えてきましたね!
僕は寒い冬が本当に苦手で早く夏になって欲しい~って思いながら冬の期間を過ごしているので春の訪れにテンション上がりまくりです笑

日中の平均気温が25℃を超える日もあり、もはや夏日ですね。

しかしまだまだ5月。朝晩は冷え込むのでTシャツ1枚とはいきません。みなさんシャツの上に上着を1枚羽織って外出することが多いと思います。
そして日中で気温が上がり、暑いなあと感じたら上着を脱ぎますよね?


この上着を脱ぐという行為、暑いなあと感じる前にするべきなんです。


昼間はどんどん周りの気温が上がり、体感温度も上昇していきます。
そして暑いなと思うレベルまで体感温度が上昇すると上着を脱ぐわけです。

しかし、暑いと思った時点で快適な体感温度ゾーンを超えてしまっており、上着を脱いで快適な体感温度ゾーンに戻るまでにも時間がかかります。
本当はグラフを使って説明したいところなんですがブログ慣れしていないのでごめんなさい……


これは暑いという感情が出てから対処しているので、対症療法です。
ここまで来れば僕が何を言いたいのかわかるでしょう。

厚いと感じる前、体感温度が上昇してきたな-、このままだと暑くなりそうだなーと思ったタイミングで上着を脱ぐべきなのです。
そうすることで快適な体感温度ゾーン内で温度調整することができ、ストレスを感じること無く生活できます。




このことは、病気でも同じことが言えます。

この記事で本当に言いたいことは実はこっちです。


病気になってから慌てて病院に行き対処するのではなく、病気になる前から対処しましょうということです。
普段から運動をするとか、栄養素の高い食事を心がけるとかですね。


と、言いつつ僕も欲望に負けてラーメンを食べてしまうことが多々あるので見に覚えがあります……
自戒を込めて、ここに書いておきます笑


上着ぐらいだったらなんてことないですけど、病気になってしまったら大変です。
仕事も、家庭も、私達の大切なものが害を被ることになります。



先手先手で対策をして、未来のトラブルを減らす努力をしましょう。




まとめます。

・暑いなと感じて上着を脱ぐのは対症療法でしかない。
・症状が出る前に対応策を打つべき。
・病気になってからだと遅い
・何事も先手先手で動きましょう。