思考整理

東京大学の修士過程で情報学を選考しています。僕の考えが、あなたの感情を少しだけ揺らすことができればいいなと思います!

形式化すること

上達するとは、形式化することです。

 

結論を最初に書きましたが、「上達する」とはどういうことでしょうか。

それは、最初はできなかったことが、だんだんと意識して頑張れば出来るようになり、最終的には意識しなくても自然と出来るようになっているということです。

 

ここまでくれば、初動から異なるでしょう。

自分の中に、「型」が出来たのです。

 

 

この、「型」をつくることが大切なのです。

習熟するということは、無意識のうちに行動の型、思考の型が作り上げられ、自然とわかる、自然と体が動くという状態です。

 

最終的にこの状態を作りたいのであれば、自分で「型」をつくってしまえば良いのです。

 

僕は、仕事が出来ないので多くのミスをしますし、毎回上司に怒られます。

次のときは直して出来るようになろう!と思っても、同じミスをしてしまいます。

 

そもそも、意思の力に頼ろうとしている時点で間違いなのです。人間そんなに意思の力は強くありませんし、脳のリソースは限られているのでそこを頼りにしていると必ずパンクします。

 

「型」をつくってしまえば良いのです。

 

例えば、月曜日の朝10時に1週間分の営業リストを確認し、追加営業の必要性の有無を確認すると、決めてしまえば良いのです。

 

出来ないことは全て、型をつくり、上達スピードを上げていきましょう。